薬剤師

薬剤師

患者の幸せと、薬剤師の幸せについて、一度考えてみませんか。

さふぃ通販 > 薬剤師

薬剤師の仕事

なぜ、あなたは薬剤師になったのでしょうか。


病気で困っている患者さんや、ご家族の為に医療の現場で
人の為に貢献したいという思いがあったはずです。
人の為に、病気で辛い思いをしている人に正しい薬の使い
方、飲み方などの情報を提供して体の負担や、薬価の負担
について患者さまに貢献したいと思っていたのではないで
しょうか。


でも実際の現場は、ジェネリックの薬が増え、患者にとって選択肢が増えた分
正しい説明を受けたいと思っています。ジェネリックの場合、成分が同じだけれども
製造方法などは違うこともあり、本当に同じ効能が得られるか非常に気になりますが
、患者としては、正しい情報が欲しいと思っています。


薬局には、きちんと説明をしてくれるスペシャリストが必要になってきています。
最近、ジェネリック薬を進められる事が多くなってきています。患者自身が、正しく
薬を選択できるようにしてほしいと思います。


大きな病院で、沢山の経験を積まれた薬剤師の方が、街の薬局に、逆にもっと経験を
積みたいと考えた場合は、大きな病院の薬局に職場の選択をしてもいいのでは
ないかともいます。


薬の中には、自分で調べた時に、本当の効能を聞いてショックを受ける場合もあります。
めまいが辛いので処方された薬が、抗鬱剤であった場合、飲むのをやめてしまうことも
あります。きちんと成分を説明して、どういう病気に使われる薬だと説明されていれば
問題ない話だと思います。

認定薬剤師

薬剤師の方たちは、社会的貢献意識が高いため、専門的な知識をもって仕事に
向かわれている方が多いと思います。


でも薬剤師というのは、立ち仕事が多く、肉体的に疲れることが多いですよね。
職場で疲れ果てて、そのために家族を犠牲にしたり、自分の身も心も削りきって
しまっては、結局は患者さまに迷惑を掛けてしまいます。


そんな状況なら、一度自分の置かれている環境を見直してみましょう。
あなたにとって、薬剤師としての幸せが、最終的に患者さんの幸せに
影響を及ぼしていることを思い出してほしいと思います。


もちろん何を重要視するのかはあなた次第ですが、こんな方は是非、
自分の働き方を見つめ直してみてはいかがでしょうか


・家族と過ごす時間がほしい
・夜勤・当直から解放されたい(少なくしたい)
・ご両親の介護を、家族に任せっぱなしにしている。
・お子さんと、話をする機会が少ない
・家族と夕食を一緒に取ることが難しい

薬剤師 トップへ戻る