睡眠

睡眠

朝、スッキリ起きれる人の、寝る前の準備とは・・・

さふぃの通販 > 睡眠

睡眠時間

貴方は毎日何時間寝ていますか?

「睡眠時間の調査結果」

ペンシルバニア大学とWalter Reedの2つの研究機関が、それぞれが研究を行ったところ、一晩に7時間をとっていても、徐々に睡眠不足になっていくということが分かったそうです。

ほとんどの人が、夜は5〜6時間とれば十分という昔ながらの習慣に、特に理由もなく何となく従っていたそうです。ほんの数パーセントの人たちしか、それでうまくいっておらず、ほとんどの人は、8時間とった方が良いという結果に。それ以下の睡眠時間だと、注意力や反応時間など、あらゆる面で問題が起こり始めるのだそうです。

被験者は研究所の管理の元、2週間テストを受けました。8〜9時間の人はテストの結果が悪くなる傾向は見られませんでした。しかし、4〜6時間の人は、2週間の終わりには「酔っ払いと同等」と認識されるほど、結果が悪くなっていきました。週末にいわゆる「寝だめ」をしても、必ずしも結果は良くならなかったとか。単に、毎日もっと眠った方がいいということのようです。


⇒ 私、一日4hrほど、確かにもうふらふらです。


毎日8時間ができれば理想的ですが、なかなかそうはいきません。そういう時は、少しでも質を上げるしかありませんね。何でも、平均が6〜7時間あれば、死亡率は下がるらしいので、健康で長生きしたい人は、快適な睡眠と十分な時間がマストと言えそうです。


⇒ このままでは、細く短い人生になりそうです。


さぁ、睡眠の質を上げるために、どうすればいいか。

睡眠障害

睡眠障害になると、日常生活で、さまざまな影響が起こります。

影響は、身体面や精神面、そして行動面に現れてきます。

まず、身体面への影響ですが、不眠によって体力の低下につながります。


⇒ 確かに体力の低下を感じます。頭がいつも熱持っている感じですね。


これは、寝ている間に蓄える必要のあるエネルギーを、しっかりと蓄えることができないからです。

また、自律神経やホルモンのバランスが崩れて、免疫力が低下してしまいます。

他のさまざまな症状を引き起こしたり、持病が出やすくなることもあるので注意が必要です。


⇒ 生活を替えなければいけません。でも生きて行くためには、働かないとね。。


次に、精神面に与える影響です。

落ち着きがなくなり、不安で気持ちが暗くなり、怒りやすく、疲労を感じ無気力になるなどの症状を伴う場合があります。

さらに、吐き気を催したり片頭痛が起きたり、食欲が低下する場合もあります。


⇒ 片頭痛の原因はこいつですね。・・・今も痛い。


でもやることいっぱいで、寝る時間が確保できない。

そんな私は、睡眠の質を手に入れる事にしました。

少しでも、いい朝を迎えられるようになるための処方箋が、「睡眠術」です。

睡眠 トップへ戻る