ダメージヘア

ダメージヘア

紫外線の厳しい季節、髪毛のお手入れはどうしていますか。話題の馬油が入ったアミノ酸系シャンプーをご紹介します。紫外線、冷房による乾燥で考えているよりも傷んでいる、ダメージヘアのお手入れをしましょう。

さふぃの通販 > ダメージヘア

ダメージヘア用シャンプー

紫外線や、冷房の乾燥によりダメージを受けた髪をケアするために開発されたシャンプーをご紹介します。

シャンプーには、大きく分けていくつかに分類される事を知っていますか?
シャンプーには界面活性剤が使われており、その分類は「石油系」「石けん系」「高級アルコール系」などの分類と一緒に「アミノ酸系」があります。

最近話題の「アミノ酸系」シャンプーは他のシャンプーと比べると価格は高めになってはいますが、肌に対する刺激が少なく、頭皮・毛髪にやさしく、さらにモチモチしてクリーミーな泡立ちも兼ね備えており、洗い心地がとてもよく仕上がっています。


環境にも十分配慮された商品になっています。理由としてはシャンプーそのものに生分解性があるため、生活排水として流れていく過程でどんどん分解されていきます。「やさしい」エコなシャンプーです。

創業130年の歴史あるリバテープ製薬から、ノウハウを注ぎ込んで商品として開発されました。

ダメージヘア補修

髪の毛は、表面のキューティルによって守られています。
そのキューティクルの保湿成分がアミノ酸なのです。
パサパサした髪、ツヤのない髪は、アミノ酸量が減ることによって、髪のキューティクルが損傷した状態なのです。

髪の毛のコシ、ハリが無くなった状態とは、このキューティクルが傷むことで、枝毛の原因になったりもするので、毎日のお手入れは重要です。


ダメージヘアを補修するのは、『天然馬油』
アミノ酸配合のシャンプーは、傷んだ髪の毛にアミノ酸を補給することによって、保湿力が高くなり、ツヤと潤いを取り戻します。


天然馬油は浸透性に優れていて、すぐに潤います。馬油には、人間の細胞膜を作るために欠かせない不飽和脂肪酸が大量に含まれ、その不飽和脂肪酸は浸透力が非常に高いという特徴を持っています。
また、馬油の不飽和脂肪酸と飽和脂肪酸の割合は、人間の皮脂と非常に似ているため、肌につけると皮膚にフィットし速やかに浸透するのです。


馬油は肌への浸透力は、非常に優れています。優れたスキンケア成分は、皮脂と、とても近い成分を持っているといわれる天然素材のオイルです。よく伸びるため、カサカサの肌もあっという間に、しっとりした感触を体感できます。その特徴を髪の毛のキューティクルに応用し、しっとりとアミノ酸成分を閉じ込めます。

浸透した後は、皮膚の潤いを保ち、角質層から水分の蒸発を防ぐという働きをします。

リマーユのシャンプーの秘密です。

ダメージヘア トップへ戻る