住宅購入

住宅購入

超低金利ローンにお得な税制優遇、消費税のアップなど住宅購入を取り巻く環境は毎年のようにめまぐるしく変わっていますが、家の購入にベストなタイミングが到来しています。

さふぃの通販 > 住宅購入

住宅購入 消費税

誰でも自分の家を持ちたいと思っています。

夢の一軒家を購入するために、馬鹿にならないのは消費税と住宅ローン控除

国会で野田首相が、強く導入を進めている増税路線。

諸費税が10%にアップすると、家の購入にも課税されるため、税率が倍になると、諸費税も倍になります。

これが実は大きい負担になります。

もうひとつ大きな問題が、住宅ローン控除

ローンを借りて家を買うと、天引きされた所得税が借りた額に応じて戻ってくる「住宅ローン控除」が使えます。

今年の入居なら10年間で最大300万円、来年は200万円戻るが、その後は未定です。消費税と合わせて、今後の動向をウオッチしたいと思います。

それにしても2014年以降は、家を買う人は、どれくらいいるのでしょうか。

収入が減り、家も買えないになってしまわないか心配です。

住宅購入と贈与税

親からの資金援助1110万円まで非課税に

購入資金を親から援助してもらう場合、1000万円まで贈与税が掛からない非課税枠が使える。暦年課税なら110万円の基礎控除を、親からの贈与を相続時に生産する相続時精算課税なら、2500万円の非課税枠を上乗せ可能だ。

贈与税が非課税となる金額の上限(一般住宅の場合)

暦年課税

 非課税枠+基礎控除=1110万円

相続時精算課税

 非課税枠+相続時清算課税の非課税枠=3500万円
 

実は非課税枠の1000万円が使えるのは、2012年の今年まで
贈与税の非課税枠は年々縮小されることが決まっています。
なんと2年後の2014年には500万円まで減額されてしまいます。

税の動きは、今後も重要です。消費税、贈与税、贈与税など税制が変わる前に踏み切りたいものですね。

相続税の見直しを進められています。

親からの融資と、税金対策も一緒に検討してみませんか。

住宅購入 トップへ戻る